火事場の馬鹿力的な発想

  • 2008/07/13(日) 23:46:34

「必要は発明の母」と言われるように、必要はアイデアを生む大きなきっかけになっている。不便・不満といったものもこの必要の中に入る。
今回は切羽詰った必要性(状況)から生まれた発明品の紹介したい。火事場の馬鹿力的にアイデアをひねり出した感じでもある。

【マジで軽いマジ軽ライト】

平均年齢が約65才の中小企業が、倒産への不安を振り切り起死回生をねらって新しい発明をした。商品名は”マジ軽ライト”。自転車の照明を点ける為の発電機であるが、ネーミングが示すように照明を点けても負荷がかからず、ペダルを踏んでもマジで軽いのだ。


マジ軽ライト
写真提供:小里機材株式会社


車輪のスポークに磁石を取り付けるところがミソである。ライト本体内のコイルが、車輪が回転したときの磁力の変化を受けて起電力を発生させる。非接触方式であるためペダルに負荷がかからず軽い。

【逆転の発想の妙味】

照明にはランプでなく発光ダイオードを使っているため、省エネにもなっている。発電機の負担をここでも軽くしている。発電はコイルと磁石であり、従来のものと同じ電磁誘導の法則を利用しながらも、負荷のかからない方法を考え出したことになる。まさにコロンブスの卵だ。
追いつめられて真剣に考えた結果であるが、押してもだめなら引いてみな的なアイデア発想のヒントがここにあった。会社の経営危機や個人の切迫した状態では、常識といった壁が取り払われる効果があり、逆転の発想といったアイデアが生まれやすいといえる。

【実用化には粘りが大切】

しかし、これらの発明品は商品化までに多くの試行錯誤や課題解決の検討をしている。そこには失敗の連続における執念の取り組みがあった。必要性から生まれたアイデアを形にするには、多くの努力が必要ということである。それを乗り越えるには開発者の強い意思と、出来るという信念が必要といえる。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

クロムハーツ ネックレス

木村勝己の時流に乗る閃き力! 火事場の馬鹿力的な発想

クロムハーツ ピアス

I ないも、私はここで終わった方法を知っているが、私はこの記事だったと思った良い 。私はいないあなたが誰であるか知っているが、間違いなく 確かにいる有名ブロガーに行くかどうかではありません すでに;)乾杯。

クロムハーツ リング

こんにちはそこに、 私が発見自分サイト による |ながらと同時にGoogleのさえも 関連 {トピック| 似を探して問題|件名} 、あなたのウェブ だここ来て、それは見える | いいのようにように見えます。 私がしましたブックマークそれ私のGoogleのブックマークインチ

ニューバランス 996

感謝 優れた極上の情報共有のために。あなたのウェブサイト |クール非常にそうです。ブックマークされたこれはウェブサイトのページ |記事、 より余分のために戻ってくるだろう。あなた、私の友人 、 ROCK 。私が見つけた単に 情報 |と単に ことができませんでした出くわす私はすでにどこでもあらゆる場所に検索。何バーゲン ウェブサイト 。

ニューバランス 人気

タブ同様関連アクセスするために行う| | 簡単簡単本当になってしまったの情報を情報 |私は何の問題すべてすべてをナビゲートがありませんでした私は最近、私はあなたはそれがすべて少なくともに知っている前に望んでいたことがわかった。 かなり珍しい。 、 サイトテーマ| 何かをフォーラムを追加したり、人のためにそれを感謝する可能性があります。あなたのためのトーンの方法クライアントは通信することができます。

シャネル 財布 2013 新作

自然確かにあなたのようなウェブサイト しかしあなた に持っている チェック かなりのスペル少数 。 多くそれらのスペルでいっぱいです問題とI 見つけるがそれに非常に面倒を に通知する {真実を|現実一方、 |しかし|再び|それでも} 私の意志 確実 バック再び。

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する