発明を生む魔法のふりかけ?!

  • 2008/07/23(水) 23:17:58

これまでアイデアの種を見つける方法を、多くの発明事例をもとに探って来た。これからアイデアの種を生み出す魔法のふりかけを紹介したい。それは 「愛情」という人間の心の中から生まれるものだ。これは時として大きなヒット商品を生む力を持っている。

【ドクター中松氏の愛情発明】

代表発明は「醤油ちゅるちゅる」である。ドクター中松氏が発明したものであり、現在は灯油の移しかえポンプとして家庭で常備のものとなっている。空気の入っているジャバラ式ポンプ部を手で伸縮させて、灯油缶から石油ファンヒーターのタンクに灯油を移すものだ。

この発明のいきさつは愛情からきている。ドクター中松氏の説明によると、子供のころ母親が醤油を一升瓶から小瓶に移しかえるのを見て思いついたという。寒さで震える手でいつも苦労している姿に、もっと楽に移しかえられる方法はないかと、親孝行のつもりで考えた結果生まれたアイデアである。

このポンプは手動式のものが主流であり、家庭の常備品となっているが、最近では電池を動力源とした電動式のものも商品化されており、これからも息の長い商品となりそうである。


火事場の馬鹿力的な発想

  • 2008/07/13(日) 23:46:34

「必要は発明の母」と言われるように、必要はアイデアを生む大きなきっかけになっている。不便・不満といったものもこの必要の中に入る。
今回は切羽詰った必要性(状況)から生まれた発明品の紹介したい。火事場の馬鹿力的にアイデアをひねり出した感じでもある。

【マジで軽いマジ軽ライト】

平均年齢が約65才の中小企業が、倒産への不安を振り切り起死回生をねらって新しい発明をした。商品名は”マジ軽ライト”。自転車の照明を点ける為の発電機であるが、ネーミングが示すように照明を点けても負荷がかからず、ペダルを踏んでもマジで軽いのだ。


マジ軽ライト
写真提供:小里機材株式会社


車輪のスポークに磁石を取り付けるところがミソである。ライト本体内のコイルが、車輪が回転したときの磁力の変化を受けて起電力を発生させる。非接触方式であるためペダルに負荷がかからず軽い。

【逆転の発想の妙味】

照明にはランプでなく発光ダイオードを使っているため、省エネにもなっている。発電機の負担をここでも軽くしている。発電はコイルと磁石であり、従来のものと同じ電磁誘導の法則を利用しながらも、負荷のかからない方法を考え出したことになる。まさにコロンブスの卵だ。
追いつめられて真剣に考えた結果であるが、押してもだめなら引いてみな的なアイデア発想のヒントがここにあった。会社の経営危機や個人の切迫した状態では、常識といった壁が取り払われる効果があり、逆転の発想といったアイデアが生まれやすいといえる。

【実用化には粘りが大切】

しかし、これらの発明品は商品化までに多くの試行錯誤や課題解決の検討をしている。そこには失敗の連続における執念の取り組みがあった。必要性から生まれたアイデアを形にするには、多くの努力が必要ということである。それを乗り越えるには開発者の強い意思と、出来るという信念が必要といえる。

調光ガラスからのアイデア発想

  • 2008/07/02(水) 00:15:00

【調光ガラスでの経験】
以前、展示会で調光ガラスを見つけた。電圧のオン・オフによりガラスが透明になったり、白色になったり瞬時に出きるものである。オフィスの間仕切りに利用が考えられていた。
この材料で何か便利なものが出来ないかと考えていたころの話しであるが、ある時多くの人に混じって交差点で待っていると、歩行者用の信号が全部点灯した状態に見えて、信号が青になってもわからない状態であった。西日がランプの反射板に反射して、赤や青の色フィルターを照らしたのである。




【歩行者用信号機】


【路上での閃き!】
このとき急に調光ガラスのことが頭に浮かんだ。それは信号ランプの全面にこのガラスを設けて、ランプの点灯と同期して透明に切り替えれば、太陽光による反射の問題を解決できると。
これは信号灯以外にも自動車のブレーキランプ等にも応用と考え、実験を進め特許出願した。偶然の閃きは常に問題を意識していると身近にあるのかも知れない。
ただ現在は、信号機のランプも発光ダイオード型が主流になってきたので、反射板による擬似発光の問題は少なくなってきている。