偶然による偉大な発明!

  • 2008/06/23(月) 01:47:15

またまた偶然のヒントによる発明品である。

【キャンディが溶けて電子レンジの発明】

電子レンジの発明は、米国の会社レイセオンの研究者の偶然の出来事により生まれた。第2次大戦の終戦直後に、レーダーの平和利用を研究していたときのことである。レーダーはマイクロ波を発生する磁電管(マグネトロン)を利用して作られていた。

あるとき研究員のパーシー・スペンサー博士が実験をしていると、ポケットにいれておいた棒型キャンディが溶けたことに気づいた。不思議に思いポップコーンの素や卵を磁電管のそばに置いて試してみた。観察しているとポップコーンの素ははじけてふくらみ、卵は温かくなっていたのだ。
このときマイクロ波のエネルギーは食物を加熱するという特性を発見し、電子レンジの発明になっている。
キャンディは溶けるものといった固定観念が邪魔をすると、この発見は得られていない。

【ドライアイスがテフロンを生んだ?】

テフロン加工のフライパンは、フランスでの偶然の産物である。デュポン社の研究員ロイ・J・プランケットは、新しいフロン開発の為にTFEガスを数本のボンベに入れて、ドライアイスで冷やしてその日の実験を終了した。
翌日、そのボンベを使用しようとするとTFEガスは出てこなく、ボンベの中には白い固体が出来ていた。ドライアイスの温度と適度な圧力がなしえた産物である。これを色々分析すると新しい性質がいろいろ発見されたのである。多くの薬品にも強く、水により腐食することもない。この新しい物質の製造方法を確立して特許出願したのである。

フライパンにテフロン加工するには、その後多くの人の技術検討が加わることとなるが、この偶然の発見により、こびりつかない、傷もつきにくい調理器が誕生したのである。

【偶然への敏感な反応】

ここまで偶然による発明を見てくるとアイデアを得るヒントが見えてくる。ある課題にひたむきに取り組んでいる姿がある。試行錯誤を繰り返し粘り強く実験を繰り返している。その中で悩んでいると、身近に起こった偶然が解決のヒントになるのだ。
それは近くの人の会話からも偶然得られたりもする。この課題に対する姿勢や思い入れが、見逃しなちな日常の偶然を解決のヒントとして与えてくれるのである。

偶然を味方にする秘訣とは?

  • 2008/06/11(水) 00:04:26

世界には大きな発明が偶然の効果により生まれている。今回は世界の発明で偶然により生まれたものを探り、この偶然を呼び込む秘訣を考えてみたい。

「成功の秘訣は1%のひらめきと99%の努力」……かの発明王、トーマス・エジソンの有名な言葉だ。発見のきっかけは偶然だが、発明品を世に出す為には多くの努力や苦労が積み重ねられている。この偶然による発見は、ちょっとした遊び心やいつもと違う行動によりもたらされることが多い。世界の大発明もこのちょっとした出来事から生まれている。

【望遠鏡はオランダの眼鏡師の偶然から】


望遠鏡の発明は、オランダの眼鏡師が凸レンズ(老眼鏡)に凹レンズ(近眼鏡)を偶然重ねたところ、遠くにある教会の塔が大きく見えたことにより生まれたと伝えられている。このレンズの組み合わせで望遠鏡を作り、1608年に特許出願がなされている。
ガリレオ・ガリレイはこのニュースにより自作の望遠鏡を作り、天体を観測して土星の環を発見し、木星のまわりに4個の衛星を発見した。また太陽の黒点を発見したりと、多くの功績を残すこととなった。

偶然のヒントをものにする観察力、洞察力は能力だ。皆が磨くことができる。そして、この発見をいち早く利用して新たな発見を見つけるのも能力だ。それには常に課題を明確に持ち、考える意識が重要といえる。

偶然のヒントをつかみノーベル賞

  • 2008/06/02(月) 01:43:57

これから数回にわたり、偶然から生まれた発明・発見を紹介していきたい。

【偶然から田中さんもノーベル賞】

2002年に話題になった、ノーベル化学賞受賞の田中耕一さんの場合も、偶然が発明のきっかけになっている。
島津製作所の社員である田中さんは、たんぱく質などの生体高分子の構造分析をするための質量分析法の研究をしていた。
この質量分析法は分子構造を知る方法として現在も広く利用されているもので、分子を気化させイオン状態にして真空中で解析するものである。しかし生体高分子は気化させようと加熱すると分子が壊れてしまう。
田中さんはこの問題を生体高分子をグリセリンなどの液体で包み、レーザーを当てて加熱する方法で解決しようと試みていた。

【試行錯誤の連続】

最初は加熱不足となりうまくイオン化できずに、試行錯誤の繰り返しだ。このような中で、グリセリンとコバルトの超微粉末を誤って混ぜてしまった。しかしこの混合液を捨てずに、そのまま生体高分子を包みレーザーで加熱したら、壊れずに見事イオン化できたのである。
この偶然の方法により、たんぱく質の分析が格段に短縮され、それまで1週間かかっていたものが、1分以内で分析できるようになったという。

失敗作をあえて使ってみる行動、おかしなデータを測定ミスとしないで再現させてみる行動が、偶然のヒントを発見へと導いている。
課題を解決しようとする多くの試行錯誤の中から、このような偶然のヒントが生まれている。飽くなき挑戦が偶然の幸運を呼び込む感じでだ。試行錯誤の行き詰まりが通常と違った行動を引き起こし、新しい結果を偶然として現すのかも知れない。